TAKAKITA WEB DEMONSTRATION
タカキタ WEB実演会

ミニロールベーラ(RB-520RN)

ネット結束方式で、従来のトワインタイプより結束時間を約1/5に短縮(当社比)、
ローラ方式で騒音を軽減いたしました。
コンパニオン

製品の特徴

ネット方式採用

ロールベールの結束にはネットを使用。
従来のトワインタイプより結束時間を約1/5に短縮。(当社製品比較)。

騒音レベルを低減

ロールベールの成形室は8本のローラを回転させて圧縮梱包する構造で、成形の際に発生する機械的な騒音を低減。

コントロールBOXで簡単操作

ネット繰出、ロール放出 が全自動で行えます。
また、手動操作への切り替えも可能です。

お客様の声

以前は、自走式ロールベーラを使用しており、作業効率が悪かったのですが、RB-520RNを使用してからは
足が速くなり、作業効率がアップしました! ただし、ぬかるみ等、圃場条件によって左右されますが。

アイコン
兵庫県南あわじ市
釜井 慎一様

稲ワラ作業時は、トラクタが埋まるような圃場条件もあり、自走乗用式のSR-610を継続して使用しています。
今までは、自走歩行式のロールベーラを使用しており、歩いて付いていくのが非常に大変で疲れました。
また、ワラを給餌する時、トワインを解く作業が地味に面倒でした。

RB-520RNを使用してからは、作業時間が速い。トワインからネットへの結束になり、待ち時間がかなり減りました。
トラクタに乗りながら作業できるので、体が非常に楽です。

作業は全て全自動モード。コントロールボックスでの操作が不要で、作業負荷が少ないので、
従来から比べて労働環境面が改善され、体感作業時間が半分になりました!

給餌の時、ネットの場合は、1カ所切れば直ぐにロールが解けるので楽です。

アイコン
広島県三次市
農事組合法人かみやま様
可変径ロールベーラ(VC1100N)

ミニロールベーラ(RB-520RN)

詳しくは、お近くの販売店・JAへお問い合わせください